リクルーティング事業部 詳細  
 
業務部 リクルーティング事業部 バックオフィス
勤務地 東京
採用予定 1人 (2017年7月現在)
 

私たちはこんな仕事をしてます

 

実はもともとデザイン会社として設立した当社。お客様のデザイン依頼を頂く中で、必要に応じて事業部が増えて行きました。その中でできた一つがリクルーティング事業部。お店の運営において重要でありながらなかなか難しいのがスタッフの補充。他の仕事をこなしながら気にするのは手間だというお客様や思ったような人材が入らないと悩むお客様の元に直接伺ったり、電話で最適なご提案をし、よりよい店舗運営のお手伝いをしています。

リクルーティング事業部の魅力はココ!

 
クレド

お客様にとって「ちょうど良い」ポジションであり続けること。

私たちがご提供する商品は、パソコン作業が苦手な店舗様・会社様を対象として考えております。社内デザイン検定制度などの実施により、常にスタッフ同士のデザインが比べられる環境下の弊社は、他社に比べ比較的デザインのレベルも高いと自負しております。ただ、私たちの提供する商品は他社と比べ低価格でご提供をしています。それを可能にするのは、テンプレートでのデザインで業務を効率化する事。高いスキルを持った上で、テンプレートで最適なデザイン提供する。また、受注から納品までの流れを出来る限り、お客様の手を煩わせない用にスムーズに行う。地味かもしれませんが、コツコツとお客様の「ちょうど良い」を続けることで成功が見えてくると信じております。

 
テーマ

未経験者を中心としたメンバーで従来の固定概念を払拭する

現在のマーケティング事業部のメンバーは責任者以外、みな未経験スタートです。未経験の方を積極的に採用している背景には、経験者特有の「固定概念」がない事が大きな理由のひとつです。時代と共に、めまぐるしい速さで変化して行くWeb・デザイン業界では古い固定概念を捨て、新しい事にチャレンジし、またアジャストする事を繰り返ししていかなければなりません。未経験の方の場合、スタートアップで固定概念を持っていない為、余計な回り道がなく、非常に早く成長する事が可能となります。3ヶ月のOJT研修では、Web、HTML、デザインと、一通りの作業を1人で出来るレベルまで育てるのが、私たち、マーケティング事業部のテーマとしております。

 
チャレンジ

求める人材

新しい事にチャレンジする精神を持ち合わせている。また、チャレンジを楽しめるような人。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

 

私達がご提供している商品は、大手求人広告媒体です。CMでお馴染みの「バイトル」を飲食店やオフィスに提案して頂きます。テレアポや飛び込みなど自分の得意な方法で求人掲載を検討しているお客様を見つけてください。もちろん未経験でも大丈夫です。慣れるまでは先輩営業の方が同行してしっかりサポートします。そのほか充実したメーカー研修や社内研修も。常に個人の仕事や進捗状況を社内全員で共有しあっているので分からないこと、不安はすぐに解消されます。お客様の「頼んでよかったよ」。そんな声を聞くことが目標のやりがいのある仕事です。




 

先輩社員にインタビュー

 

Profile

 
2015年入社、3年目 入社時から求人媒体の広告営業を担当。多種多様な媒体を扱いつつ、クライアントの立場を汲みとったうえでの提案を得意とする。 持ち前の人懐っこさもありリクルーティング事業部には欠かせない存在。

組織としての営業職を学ぶことができた

ディメッションに入社する以前にも営業職をやったことはありました。ただしそれは個人主義の強い訪問販売系で、自分との戦いでしかなかったんです。学べる部分もありましたが、ディメッションでは情報共有を含め、初めて知ることばかりで驚きました。自分ひとりだけではなく、チーム・組織としての営業活動です。仕事の段取りやビジネスメールの書き方まで、営業マンとして自分に足りていない部分がたくさんあったことも分かりました。 とはいえ会社の雰囲気が良いのでストレスなく学んでいくことができました。他部署も含めて目標に向かってひとつずつ積み上げていく過程は楽しいですね。アポイントから始まる仕事にしんどさを感じたことはありません。上手くいかないタイミングも当然ありますが、切り替えを早くして次のチャンスに向かうことも重要だと思います。

いま扱っているものが「必要とされるもの」だという自信

広告代理店として営業活動するからには、まずお客さまからのニーズをしっかり理解しなくてはいけません。間違ったタイミングで広告商品をしつこくプレゼンしても良い印象は残せませんし、常にお客さまがどういう状況にあるのかは強く意識して営業に臨んでいます。たとえ予算が少なくても、そこで確固たる信頼を得られるかどうかのほうが重要ですね。 また広告掲載に携わる人事担当者さまは煩わしい仕事を多数かかえていらっしゃいます。広告だけ考えても、複数の媒体掲載をそれぞれの仕様やルールに気を配りながら管理していくのは大変なことです。そういったお客さまをサポートするためにも、ただ掲載するだけではなくアフターサポートが重要になってきます。やはりお客様第一で、必要とされるサービスはよろこんでいただけますね。そういったニーズは会社がいち早く察知して自社商品化されるので自信をもって営業できます。自社商品と代理店商品をバランスよく扱えるのも当社の強みですね。

社長から言われた「営業マンは自分で常識をつくっちゃダメ」

社長は自分たちといっしょに営業してくれるので学ぶところが多いですね。まず同じ目線で動いてくれたうえで、適切なアドバイスをいただけます。よく言われたのは「営業マンは自分で常識をつくっちゃダメ」ということ。それも会議中に上から目線で言われるわけじゃありません。いっしょに営業活動しているとき、ちょっとしたトラブル対処に機転を利かせて思いもよらなかった新規契約が獲得できたタイミングだったり。いつも説得力に溢れているので印象に残ります。 そういった経験を活かして、今後は自分にしかない「説得力」を持てるよう努力を続けます。自社商品は自分にしかない武器ですが、代理店商品を扱う場合はどの会社の営業マンから契約しても価格はほとんど変わりません。そのなかで自分を選んでリピート契約してもらえることの意味。その重さをしっかり受け止めて、今後も顧客拡大に邁進していきたいですね。

2016年9月現在